民主党公認|笑顔のタスキを未来へ。|大野城市

理念

日本を取り巻く政治環境は、少子化、高齢化、長引く不況など他の先進諸国にも類をみない程厳しいものがあります。hirotomei

中でも、最も深刻な問題は人口減少問題です。日本創成会議が発表した試算によると、地方から都市部への人口流出がこのまま続き、さらに出生率の低迷が続くと、2040年までに約896(日本全体の49.8%)にのぼる市区町村の行財政サービスが立ち行かなくなり消滅する可能性があるとしています。九州においては約125の市区町村、福岡県では60市町村のうち9市11町2村となっています。
このことは、生産年齢人口の減少による企業の国際競争力の低下を意味するだけでなく、地方における職場と雇用の喪失など、国力全体の低下を招くこととなります。
福岡県並びに日本が、再度着実に成長の道を歩んでいくためにはこれらの課題を克服するべく、地方に新たな産業と雇用を創出し、地方経済を再活性化させるほかありません。そのために今、最も必要とされていることは、将来の日本を背負って立つ子ども達の人材育成に他なりません。一方で、我が国においては、子どもの貧困が大きな課題となっています。政府の調査によると子ども達の約6人に1人が貧困世帯で生活をしているとの統計を発表しています。
日本の未来を左右する子ども達が、健やかかつ逞しく成長することのできる環境を整備するためには、親の世代の景気雇用対策が必要となりますし、安心して出産し、子育てができる社会づくりが必要となります。女性が社会進出できる環境の整備も必要となるでしょう。さらには、その親(おじいちゃん・おばあちゃん)の世代が生きがいを持って安全安心で元気に暮らすことのできる社会、あるいは仕事をしながらでもしっかりと介護をすることのできる環境の整備も必要です。そして、もちろん子ども達自身がのびのびと個性を伸ばしながら、夢や希望を持って頑張ることのできる教育環境の整備が必要となります。
私はこのように、現代社会の抱える諸課題は、子どもを中心として考え、子どもの健全な育成のために何が必要かということを考えると、全ての問題が一体的に連動し解決に向かって走り出すと確信しています。
子どもの「笑顔」を中心に、お父さんお母さんの「笑顔」、おじいちゃんおばあちゃんの「笑顔」、私たちの大切な人達の「笑顔」。私は、皆が心から笑い、笑顔が溢れる福岡県を目指しています。また、この「笑顔」を次の世代、そのまた次の世代へと受け渡していかなくてはなりません。明日を良くするための活動と、100年先を見据えた街づくりを常に意識した政治活動を行っていきたいと考えています。
「笑顔」の循環する社会を目指して−どうぞ、私の「笑顔」のタスキを受け取ってください。そして皆さんが主役となって、そのタスキを次世代へと繋げていってください。

笑顔のタスキを未来へ。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.